« 初めてのサッカー観戦 | トップページ | 竹の子の木の芽和え »

2005年4月17日 (日)

サポーターになりたい

昨日は、玉ちゃんショックでサッカー観戦について思ったことをほとんど書いてなかったんだけど(もちろん語れるほどの知識は何もなく、初心者の低レベルな感想しか書けないので、サッカー好きな人に読まれると恥ずかしい~)・・・。

昨日、初めてスタジアムに入って、「あぁ~、この雰囲気、好きやわ~」って思いました。
天気が良くて観戦するのにもってこいの気候だったせいもあるんだろうけど、芝生の上で軽やかに(選手はもちろん必死)ボールを追う姿を見るのがとても心地よい感じ・・・。
テレビで観戦してるよりはかなり控えめながらも、柏のシュートが決まった時は「入った~~!」と叫び、いつまでも拍手したり、相手チームがゴールに近づくとハラハラしたりと、結構楽しんできました。

一番感じたのは、アウェイで闘うチームにとって、サポーターって必要不可欠なんだなぁ~っていうこと。
・・・そんなこと当たり前?
キックオフギリギリの時間に入ったので、試合前の様子は見てないんだけど、「セレッソ~!セレッソ~!」というアナウンスだけが場外に大きく響いていたり、圧倒的にホームチームのサポーターが多く、雰囲気的にアウェイチームは肩身が狭そう~な感じでした。

ほんのひとかたまりに見えた柏のサポーターは、みんな最初から最後まで一生懸命で
「ララララララかしわ~~~、ララララララかしわ~♪」とか、何通りかの応援歌(?)を歌いながら、ず~~っとジャンプしっぱなし・・・。
もちろん、柏の本拠地である千葉から遠征してきてるんですよね。
すごいなぁ~~・・・。

野球もそうだと思うんだけど、サッカーも地元密着型だから、それだけ愛着があって応援にも熱が入るんだろうな~って思いました。
あるサイトで、『サッカー文化とは"楽しむ"と"支える"ことで、この2つが市民生活の中に溶け込んでいる、サッカーが市民にとって不可欠なもののこと』と書いてありました。
私の住む町にもホームチームがあったらもっともっと早くサッカーに興味を持ってもっともっと好きになっていたかもしれません。

今のところ柏好き、玉田選手好きで柏のサポーターに憧れる私は、今朝起きて開口一番、桐父に「千葉へ引っ越そうか・・・」と言ったアホなヤツです。
そして、桐父の返事はこうでした。
「一人で行って」。


そして、この日記を書いたすぐあとに気づいたことが・・・
ユカリの従兄弟のナオキちゃんが住んでいる千葉県松戸市は、柏市のお隣で、レイソルのホームタウンエリアでもありました・・・!
うらやましい~~!

050417-2
日向ぼっこが気持ちいい季節です♪

050417
今日お昼に食べた『さくら御膳』
この辺りの桜はすっかり葉桜になりました。

|

« 初めてのサッカー観戦 | トップページ | 竹の子の木の芽和え »