« 母の日 | トップページ | サンバ・ビバ・サンバ »

2005年5月 9日 (月)

トヨエツ

つい最近まで関西地区で再放送されていた『愛していると言ってくれ』で、今更ながら豊川悦司さんのファンになりました。
常盤貴子さんとのこのドラマ、もう10年ほど前に放送されたものでリアルタイムでも大好きだったし、再放送も何度か見たんだけど、今回は今までになくトヨエツに強く心惹かれるものがあって~。

そういえば、最近のトヨエツってどうだったかな~?
ちょくちょくテレビで見かけてるような気はするけど・・・と思いながら色々調べているうちに、彼の出演している映画~出来れば最近の作品が見たくなり『』のDVDを借りて見ました。

『命』は、作家の柳美里さん自身の実話から作られた映画で、トヨエツが演じているのは美里のかつての恋人である東 由多加さん。
ある男性との不倫によって産まれてくる美里の子供と、癌に侵されながらも美里親子を見守り、一緒に子育てをするうち「この子が自分の名前を呼べるようになるまでは生きていたい」と切望する東。
産まれてくる命と滅びていく命のカウントダウンの中、美里親子と東の姿が血のつながりや家族という絆を超えた命の尊さを教えてくれる感動の物語・・・という内容でした。

トヨエツの演技は想像以上に凄かったです。
「癌」を宣告されてから死までの何ヶ月間の気持ちの移り変わりや、衰弱していく様を見事に演じていて、インタビューで共演の筧利夫さんも言ってたけど「この人本当に死んでしまうじゃないか~?」と思うほどでした。
「生きたい」「あと2年生かせて欲しい」と強く思いながらも日に日に弱っていき、薬の副作用で幻覚を見たりして自分を失っていく姿はあまりに悲しかった・・・。

正直1度目に見た時は「トヨエツ、歳とったなぁ~~」なんてほんのちょっとショック・・・みたいなものもあったんだけど、2度目はそんなこと一切思わず物語に集中できたし、全ての場面に生と死の尊さが現れている素晴らしい作品だったと思います。
しばらくしたらまた借りて見たいです~。

話題作でもあったみたいだし(多分)テレビでも放送されていたみたいなので(多分)、見ている人も多いと思うんだけど、まだの方にはお薦めです。マジで~。

・・・というわけでこれからしばらくトヨエツの映画を見てみようと思います。

ちなみに、最近公開された『ビートキッズ』という映画では、主人公少年の父親で昔はだんじりの大工方だったという役をしているトヨエツが見れるようで・・・。
トヨエツが大阪出身だったっていうのも意外だったんだけど、岸和田のおっちゃんを演じるトヨエツ・・・・『愛くれ』の榊晃次とはあまりに違いすぎて怖い気もするけど、ちょっと見てみたいです(~o~)

|

« 母の日 | トップページ | サンバ・ビバ・サンバ »

コメント

「命」映画で観たよ~。
迫真の演技、良かったわ。さすがやねえ。
今、木曜(?)の深夜放送で柳美里さん原作の「雨と夢のあとに」にハマってる。
毎回、幽霊が出てくるんやけど、怖いという感じはなくて、いろんな愛を考えさせられるよ。
~~~~~(m--)mハイゴレイ

投稿: chii | 2005年5月10日 (火) 19:25

撮影のために13キロも痩せて、マジでしんどかったやろうなぁ~~。
私には、身近な人を癌で亡くした経験がないねんけど、実際、見てる周りの人間もたまらんやろうな~って思った。
美里役はともかく、あの役はトヨエツ以外には出来へん!って思えるほどの素晴らしい演技やったよね。

深夜に幽霊が出るドラマ?
ほんまに怖くないのん?
私夜中にトイレ行かれへんようになるからなぁ・・・。

投稿: Yukari | 2005年5月10日 (火) 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54434/4057068

この記事へのトラックバック一覧です: トヨエツ:

« 母の日 | トップページ | サンバ・ビバ・サンバ »