« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

行ってきました♪

29日の友達の結婚式、行ってきました。

朝から大雨で、家を出て車に乗るまで桐父と二人で大騒ぎ~(笑)
高速を走っている時もあまりの雨に前がよく見えないほど・・・。
「こんな時に雨が降るとそれだけで憂鬱になるもんやなぁ~~」などと言いながら結婚式&披露宴が行われる「帝国ホテル大阪」へ急ぎました。

予定時間ギリギリに到着したので、挙式前の花嫁にも会えず、緊張したままチャペルへ・・・
純白のウェディングドレスを着た友人である新婦が入場してきた時はあまりの感動に何故か頭が震えてきました(笑)
チャペルでの挙式は、本当に神聖な気持ちになれますね~。
神父さんも外人さんだし(私の時は『田舎のおじさん風』なバリバリの日本人でした)、生トランペットに生賛美歌・・・素敵です。

その後行われた披露宴には、約150名の参加者。
新郎のたくさんのお友達が特に大盛り上がりで、大仏さんのかぶり物でダンスをする人や、「コブクロ」顔負けの男性デュオも登場しました~。
新婦のお色直しは1回で、キャンドルサービスがなかったのがちょっと残念だったけど、ゲストへのおもてなしも良く料理もとても美味しかったし・・・楽しい「いい式やったなぁ~」と思える結婚式&披露宴でした♪

・・・と、まぁ、ここでサクッと終わっておこうと思ったんだけど、もうちょっと話すると・・・

昨日結婚した彼女は私より6歳年下。
あまり詳しくは書けないんだけど、子供の頃から9歳年上のお姉さんが、たった一人で父となり母となり、それはそれは大切に育ててきた妹なので、昨日の結婚式で改めて姉妹の強い強い絆とお互いを思いあう心が感じ取れて感動しました。
私とは、約14年前に同じ職場で販売の仕事をして以来のつきあいで、何年かのブランクがあったものの、私が結婚してからも、たまに家に遊びに来てくれて、その度に心を和ませてくれる優しい女性~
私が独身の頃に実家にも泊まりに来たことがあって、うちの両親とも仲良しになり「お父さん、お母さん」と慕ってくれています。

一緒に働いていた頃は、ある意味家族的な職場だったので一緒に過ごす時間も長く、楽しいこと、悲しいことを共有出来た・・・私にとって大切な何年間だったし、特に彼女に対する思いは「妹」のような特別なものがあったかも・・・。
今でもその気持ちは変わっていないんだけど、昨日の式での彼女を見て、
「もう、私の知ってる彼女とは違うんやなぁ・・・」というとても淋しい思いがした・・・っていうのが正直なところです。

私とブランクがあった何年間、そして、私が結婚してからの7年間で彼女がどんなに頑張ってきたのかと思うと・・・。
だからこそ今、たくさんの熱い人望と最高の幸せを得ることが出来たんだな~って。
同じ7年の間、私はどうやったかな・・・って思うと、胸を張って言えることが何もありません~~(>_<)

来賓の方々のお話で、一番印象的だったのが
「私は、話を聞くのが上手な人に今までたくさん出会ってきました。でも、彼女のように人の話を『心で聞く』人はそういるものではありません。」という言葉。
お世辞でもなく、スピーチのために無理矢理作った言葉でもなく・・・本当にその通り。

お姉さんに厳しく躾けられ、育てられて「人の話を心で聞ける」彼女が、想像をはるかに超えるほどの努力をして得たたくさんのものは本当に素晴らしいものだと思うし、それが身体全体からあふれ出ている素敵な女性になっていました~。

私は今まで彼女の友達として力になれたことは何もなかったけど、これからも輝き続ける彼女を遠くから見ていたいです。
そして、この先「もう歳やし何も出来へんでなぁ~・・・」なんて言わずに彼女に負けないような生き方をせなアカンな~!・・・と思いました。

・・・あ、ちなみに、彼女と彼女のお姉さん・・・誰もがうらやむ超超超超美人姉妹であります♪
うらやましい~!

051030
挙式が行われたチャペル

051030-3
巨大ウエディングケーキ♪

051030-5
料理はフランス料理のコースでした~~\(~o~)/
これはデザートのケーキ・・・上のパイがハートの形をしています

051030-6
引き出物のグラス。クリスマスまでしまっておこう~~(^o^)

051030-7
慣れない式場&運転で疲れた桐父と、昨日は実家に預けられて疲れきった桐・・・
ソファの上で爆睡中~

・・・そうそう、
彼女が新郎である男性に出会ったのは、私の結婚式に来てくれた直後(?)の1998年秋だったそうな・・・。
私がプレゼントしたブーケが効いたかなぁ・・・?(●^o^●)

とにもかくにも、今の彼女は世界一幸せな気分を味わっていることでしょう。
あ・・・残念ながら世界一ではありませんでした。
なぜなら・・・
世界一幸せなのは、そんな素晴らしい彼女のハートを射止めた新郎なんだから・・・

「あま~~~いっ!」
(ちょっと違う?)

| | コメント (9)

2005年10月27日 (木)

結婚式

29日の土曜日、桐父と一緒に、友達の結婚式&披露宴に行ってきます。

7年前の自分の結婚式以来、お呼ばれするのは初めて~。
長らくそういう場から遠ざかっていたので、何を着て行っていいものか全然わからず、洋服選びに随分時間がかかりました。

もう歳も歳だし、ちょっとオシャレで長く着れそうなパンツスーツ・・・とかイメージしてたのが、いざ洋服を探しに行ってみると、あるのはキャミ・キャミ・キャミ・・・キャミワンピばかり~。
「いくらショールをかけるっちゅうても、シミだらけの汚い肌と、ブヨブヨの・・・『軽く』どころか『かなりヤバい』二の腕なんか絶対出せへんで~~!」と、心に誓っていたんだけど、「しょっちゅう結婚式に出席してるんですよ~~♪」という若い店員さんに接客され「今、一番無難なスタイル」ということでキャミワンピ&ストールに決定してしまいました。

いやしかし、悲しいかな丈の長さが足のふくらはぎの1番太いところで切れています。
(マナーの問題もあり、丈的にはそういうのが多いようで・・・)
ふくらはぎの太さでは誰にも負けない私の足は、まるでボウリングのピンが逆さまになってぶら下がっているよう・・・(;_;)
当日は、ヒールの高い靴と、強力サポートのストッキングでどこまでごまかせるものか・・・あとは気合かなぁ~。

写真はい~っぱい撮ってくるので、チャペルや披露宴会場の画像をアップ出来たら・・・と思っています。
私のふくらはぎの写真は当然ありませんので(笑)

| | コメント (11)

2005年10月21日 (金)

追記

昨日の日記の日付が間違っていました。19日ではなく20日でした~すみません。

桐の「噛んだ・・・」の追記になるけど、今朝、ほんの1分間ほど自分なりに考えて気がついたこと・・・。

今まで何度か日記にも書いたことがあるんだけど、お隣さんには2匹のワンコがいて、そのうちの1匹、チビちゃんと桐はちょっと相性が悪く・・・
1番最近では塀越しに「イカキリ」vs「イカチビ」になり、桐はチビちゃんに軽く鼻を噛まれて撃沈したということがありました(笑)
なので、あの晩お隣の奥さんからチビちゃんの匂いがして思わずエキサイトしてしまった~とか、ひょっとするとそういうようなことが原因で噛んでしまったのかもしれません。

・・・もちろん、だからといって人に歯を当てることが許されるわけではありません。
飼い主として、桐との接し方にも問題があったかもしれないし、ただ落ち込むのではなくちゃんと考えようと思います。

温かいコメント、ありがとうございました~。
同じ飼い主として気持ちをわかってもらえたのがとてもうれしかったです(~_~)

051021
近所のペットショップで100円のグリニーズが登場しました。
身体の大きい桐に、いつも小型犬用サイズのオヤツをあげているケチな飼い主にはうれしいサイズです(笑)

| | コメント (10)

2005年10月20日 (木)

噛んだ・・・

昨日の夜、一人で桐の散歩に出かけた時のこと・・・。

桐父が夜勤でいなかったので、ゴミ出しのゴミを片手に持ち、もう片方の手で桐のリードとお散歩バッグを持ちながら出ると、ちょうどお隣の奥さんがゴミ置き場から戻ってくるところでした。
桐はお隣さんになついているわけでもないんだけど、いちおう顔見知り・・・
珍しく少し離れた所からぐいぐいとひっぱり近づいていったので喜んでいるのかな~?と思いながら挨拶などしているうちに、私がかなり油断してしまいリードをゆるめると、ちょうど後ろを向いたお隣さんに桐が軽くとびついて太ももの後ろのあたりを噛んでしまったのです・・・。
お隣さんの「いたっ!」を聞いて驚いた私はゴミもバッグもその場に放り投げ、「噛んだ??」と聞くとお隣さんは「大丈夫、大丈夫~!軽くチッて噛んだだけやから~」と・・・。
焦った私はとっさに、桐の頭を思い切りバシッと叩いて大声で「何したんや~!!」と叱りました・・・というか、その時はとりあえず自分としてはそうするしかなかったような感じで・・・。

その後、お隣さんと別れて桐と歩いていた私は・・・桐がよそ様を噛んだことがショックでショックで・・・。
片手にゴミを持っていたのと、暗くて桐の表情を注意して見ていなかったこと、お隣さんが犬好きでいつも「桐ちゃん♪」と声をかけてくれる方なので油断してしまったことなど、自分の不注意で桐が噛んでしまったことに腹が立って腹が立って仕方ありませんでした~。

散歩を短めにすませて家に戻ってからも気になった私は、夜遅かったんだけどお隣さんに改めて謝りに行きました。
笑顔で「大丈夫よ~~、見せよか?見て見て~!」と言う奥さんに噛まれた所を見せてもらうと、内出血などしていなかったものの、そこにはハッキリと噛んだ痕が・・・。
その痕を見て、「桐、噛んだんや・・・」と新たにショックを受けた私・・・でも、とりあえずその程度ですんだことと、奥さん、ダンナさんが「気にせんといて~」と逆に私を気遣いながらおっしゃってくださったのでホッとしました。

あの時、桐がどういうつもりで噛んだのかわかりません。
でも多分、興奮していたのは確か・・・。
今まで「イカキリはしても噛まない」、と思っていたし、実際噛んだことはなかったけど、それは飼い主である私が常に「もしも噛んだら大変や」という意識を持って出来る限りの注意をしていたからだったのかもしれません。
今後は今まで以上に気をつけて桐を人と接しさせなければいけない・・・と、今回は本当に凹み、反省しました。
自分が悪いのに、桐に手をあげてしまったことも・・・。

そして、桐は・・・というと、その日は散歩から帰ってすぐにケージに入り、その後は出てきたものの、ご飯も食べずにソファの上でひたすら寝ていました。
多分ふて寝・・・。
私が声をかけたり撫でたりしても、全く無視!
オヤツをあげても、すぐには食べませんでした・・・
オヤツを拒否するなんて「ありえな~い!」と思いながらも、結構悲しかったユカリです・・・(~_~;)

051019
階段下の桐・・・

| | コメント (10)

2005年10月15日 (土)

祭りでした♪

ちょっと前の話になってしまいましたが~
10月8、9日がだんじり祭りということもあって7~10日まで実家に帰っていました。

残念ながら8日は一日中雨。
9日はいい天気だったんだけど、私は母と四天王寺に行ったあと難波でお買い物をしていたのでだんじりはほとんど見れませんでした~。

051015-5
実家に行った早々、仲良く雑談を楽しむ桐とりょう姉さん・・・ほんまかいな~。

051015-6
桐「なぁなぁ、りょうちゃん、この前、桐が病院に行った時、奥の方でおったやろ?桐、知ってたねんで~」
りょう「そうだったかしら?・・・(桐さん、どこか行ってくれないかなぁ~。私、一人でいるのが好きなのよ・・・)」

051015-2
9日、雨の中のだんじり・・・

051015-7
「シート」をかぶせただんじりは初めて見たかも・・・
(だんじり画像は「だんじりネット」でたくさん見れます♪ユカリの実家は「八木地区」、この写真は「山直(やまだい)地区」のだんじりです~)

051015
9日の四天王寺さん・・・
8日とはうって変わって晴天でした。
だんじりもきっと盛り上がっていたことでしょう~。

楽しみにしていただんじりは、雨の日しか見れなかったので迫力に欠けていまひとつだったけど、実家でのんびり出来たので、いい祭り・・・だったかなぁ~(^o^)

051015-3
おまけ・・・
桐のハーネスをつけたりょう姉さん

051015-4
ぶっかぶか~~(笑)


それから、昨日は桐の足の裏の治り具合を見せにまた病院に行ってきました。
検査の結果は「悪いものは特に何も見当たりませんでした。一時的な皮膚病でしょう~」ということで、とりあえず一安心~~飲み薬をもう5日分だけもらって帰りました。

051015-8
よかった、よかった♪

それからそれから、これはファイルサイズも大きいので、すぐに削除すると思うけど、2003年8月の桐のデジカメ動画を見つけたのでアップしてみました。
音声は入ってないんだけど、引越し前の実家でりょうに遊んでもらえず発狂している桐で、写真館「りょうちゃん遊んでよ~」の時の動画です・・・やっぱり今より若い!&痩せてる分、動きも軽やか・・・(^o^)

2003年8月16日の桐

| | コメント (6)

2005年10月 5日 (水)

病院

桐の足の指の間が、1箇所だけ、なんていうか・・・軽い火傷みたいな感じにジクジクッとなってしまったので、今朝病院に連れて行ってきました。

待合室では、いつものように滑る床の上をリードに引かれたまま、外に向かって必死で走っている状態の桐・・・
診察台の上では、これまたいつものように腰抜け状態でへたれ込み、大人しくしていました。
そして、ジクッとなった指の間を、検査の為に巨大耳かき棒の形をした金属で細胞採取をする為に軽く削った時はさすがに痛かったのか(っていうか、見るからに痛そうでした・・・)「痛いやんか~!」と、先生の方を振り向いたその顔がイカキリで・・・それが怖いどころか面白かったみたいで、先生にも助手の人にも笑われてしまいました(~_~;)

とりあえず、抗生物質と胃薬、そして塗り薬をもらい、来週検査の結果を聞きにもう1度行くことに・・・。

診察が終わって待合室に出ると、柴犬を飼っているという女性が声をかけてくださり、しばらく色々話していました。
その時、最初は早く外に出よう~と落ち着きのなかった桐が、急に病院の奥の方にあるワンコの美容室に通じるガラス戸の方をじ~~~っと見つめて動かなくなったので、その女性と「何か、気になるものがあるのかな~?」「ガラスに映る自分の姿を見てるのかな~?」などと言っていたんだけど・・・。

病院から出て帰り際に、偶然実家の父が車でやってきて、聞くと美容室でシャンプーしてもらったりょう姉さんを迎えに来たということでした。

「え~~~!?りょうがいてたんかぁ~~!」
病院の待合室からは美容室の中は全く見えないし、ほんの何メートルだけど離れているのに、桐はりょう姉さんがいることに気づいていたのでしょうか?
診察室での「桐ちゃん、えらいなぁ~~!!」という、普段より1トーンも2トーンも高い私の声を聞いたりょうが、ちょっと興奮してかすかに桐に聞こえるような声を出したのかなぁ~~・・・な~~んて、1人勝手に色々考えていた私・・・。

ちなみに今日の桐の体重は14,3キロ。
以前より、また200g減っていました(^o^)
そして、柴犬を飼っている女性には、やっぱり「大きいねぇ~。」と言われました(笑)

051005
「今日は疲れたわ~~」

051005-2
「ホンマに疲れたわぁ~・・・」

| | コメント (9)

2005年10月 3日 (月)

ブラッシング

桐の本格的な抜け毛が始まってから、もう1ヶ月・・・まだ終わりません。
どちらかといえば、普段はあまりしてあげれていないんだけど、今日はスキンシップも兼ねてソファの上で約1時間ブラッシングしました。
(喚毛期は特に、こまめなブラッシングが必要です)

051003
まずは右側

051003-2
ひっくり返して左側・・・終わる頃には桐は半目でイビキをかいていました~~。

051003-3
袋にいっぱいの毛が抜けました。
わかりにくいかな?

| | コメント (8)

2005年10月 1日 (土)

桐の毛布と足シャンプー

今日はいい天気だったので、いつ寒くなってもいいように、桐の毛布を洗濯しました。
毎年のことながら、ダンボール箱から何ヶ月かぶりに出す桐の毛布は獣の匂いがプ~~ンとします。
しまう前には「香りが残る柔軟材」を「これでもか~~!」というほど大量に入れて洗うので、いい香りがしていたはずなのに・・・。
そして、夕方取りこんだ後に、端っこの方がまだ少し湿っていたので和室に干しているんだけど・・・柔軟材もたっぷり入れたはずなんだけど・・・やっぱりなんとなく獣の匂いがプ~~ンとします・・・。

051001
そろそろ日向ぼっこが気持ちいい季節になりました♪

051001-2
・・・といっても、日中はまだ暑いので、午前中限定かな~?

051001-3
うとうと・・・

話は変わって、昨日から散歩が終わった後の桐の足シャンプーを久々に始めました。
足の裏の赤いのが、今回薬をつけ続けてもなかなか治らないので、ノルバサンで洗ってみようと思って・・・。
まだ2日目なので効果はいまいちわからないけど、シャンプー直後は足の匂いをフンフンと嗅いではいるものの、舐めていない様子・・・
でも、ジクジクはしていないものの、4本とも赤くなっているので病院で診てもらった方がいいかもしれません~~・・・。

もっと早くに足を洗ってあげるべきやったな~と反省し、真っ赤になった桐の足をタオルで拭きながら私は「ごめんな~~」と桐に謝りました。
桐はそんな私に「あとでご褒美くれたら、それでええよ~~」・・・と、言ったかどうだか・・・・(笑)

そして、この日記を書いている今の私の背後にある桐の毛布からは、やっぱり獣の匂いがプ~~ンとします。

| | コメント (3)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »