« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

NANA

今更ながら映画「NANA」のDVDを見ました。
昨年、社会現象にもなったこの映画、公開中に「見たいな~」と思いながら行く機会もなく・・・。
最近テレビでアニメ版の放送が始まったのを見て「あ~やっぱり見たい!」と思い、TUTAYAで借りてきました(~_~)

ちょっと切ないストーリーと、アニメのイメージを裏切らない登場人物のかっこ良さは言うまでもなく・・・
早送りなどいっさいすることなく、最初から最後まで楽しめる映画でした。

それにしても今時の若い人って、ほんとに顔が小さくて足が長くて、そして細い~~!
その顔といい、髪形からファッションといい、アニメと比べて全く違和感がなく、「どのキャラクターもアニメから飛び出してきたみたいやん、ひと昔前の日本人やったらこうはいかんでなぁ~」なんてことをずっと思いながら見てました(笑)

そして、自分はこの映画を見て何を得た?と考えた私・・・

「NANA、めっちゃよかったで~~」という私の感想を聞いた友達が言った言葉にその答えがありました。
「たまにはそうやって若者文化に触れるのも必要やね」
そうそう、そういうこと(o^∇^o)ノ

あ~・・・私もあと20年若かったらなぁ・・・
(これに続く言葉はご想像におまかせします)

ちなみにこの映画、第2弾の製作も決定してるようで・・・
映画館にはまた行きそびれる可能性大だけど(笑)、今から楽しみです。

| | コメント (7)

2006年5月26日 (金)

人間の子供とワンコ

昨日、友達と岸和田カンカンベイサイドモールの夢厨房(ユメ・キッチン)でランチしてきました。
いつもは時間の関係もあり、お互いの家でインスタントラーメン持参でのランチタイム、というのが主(それはそれでとても楽しぃ~)なんだけど、久々に外でランチ~~ということでウキウキ♪
メイクもバッチリ(のつもり・・・)で出かけました(笑)

060526
オープンの11時に行くと、すでに行列が・・・女性ばっかり!

中はかなり広いのですぐに入れて座れたんだけど、平日でこんなに並ぶなんて・・・かなりの人気のようです。
焼きたてパン食べ放題と3種類(4種類だったっけかな・・・)のランチメニューから選べるこのお店、最近何度もカンカンに来ているのにその存在を全く知らなかった私(~_~;)

・・・ということで、ここからはみるくりちゃんにも負けぬ劣らぬのグルメレポートを!のつもりが・・・デジカメも持っていかず、ず~~~っと喋りっぱなしだったので、レポートできるほどあまり詳しくは覚えてません(笑)
でもでも、「おかわり自由のパン」は種類が豊富で「きな粉」や「カレー」のパンなんかもあり、とても美味しかったし、私が食べたメニュー・・・確かスープとサラダとグラタンだったと思うんだけど(笑)、どれも美味しくて上品で・・・プチ・セレブな気分を味わえること間違いなしです(~_~)
近くにこんな小洒落たお店があるなんてうれしい~!
連れて行ってくれた友達に感謝です(^o^)

さてさて、そんな楽しいランチタイムでの会話は、コスメの話、ネットの話、子供の話、ワンコの話などなど・・・
ワンコの話・・・で、私が桐のことを「焼きもち焼きでよそのワンコとは仲良くなれない、昔はそれをどうにかしたくてワンコ友達を作ろうとほんの少しは努力もしてみたけど、桐がそれを望んでいないのがよくわかったから、それはそれで良しとして無理な努力はもう辞めたねん~」というような話をしたら、友達はよくわかってくれて、特に桐が焼きもちを焼くことなどを自分の一番下の娘ちゃんを思い浮かべながら理解出来る~というような事を言ってくれました。
(あまりワンコのことには詳しくない友達だけど、「まるで人間の子供のような感情があるねんな~」と、いつも興味を持って桐の話を聞いてくれています♪)

私は桐のことを自分の子供のように・・・などともちろん思っているわけではなく、あくまでも「犬」として育てているつもりだけど(桐父には「うそつけ!」つ突っ込まれるかも)、岩手の友達にも「ブログを読んでいると、桐のことが自分の子供とダブることがある」と言われます。
ワンコと人間の子供には、どこかしら共通する感情・・・みたいなものがあるのかも。
そして、私には子供がいないので、子供達の行動や感情に関する話を聞くと「へぇ~~~!そうなん??」といつも驚かされてばかり~、でも子供を持つ母親には、桐のそれが理解出来る・・・のかな?
それってちょっと悔しいやん、やっぱり子を持つ母親には勝たれへんやん(当たり前だけど)!・・・って、そんな落ちにするつもりは全くなかったのに・・・どうしよ~(笑)


0605262
桐にもプチ・セレブな気分を味わわせてあげようと、ワンコ用「まごころ弁当」を買ってみました。
以前がぼちゃんが買っていたのを見て、桐にも~と思って・・・(~_~)
美味しいかどうか、がぼちゃんに聞いてないので(笑)わからないんだけど、桐は気に入って食べてくれるかな?

0605263
「フンっ・・・ついでに、犬のビールも持ってきてや~!」的、表情の桐?

| | コメント (12)

2006年5月23日 (火)

「野いちご」と「ぐみ」

な、な、なんと!
わが家の裏の竹薮に、野いちごを発見しました!

060523_1
わが家の勝手口から、たった4~5メートル先の場所にあるんだけど、見てのとおり草がボ~ボ~で怖くて近寄れません・・・。
ズームで写真を撮った後、「あ~、採りたいなぁ~食べてみたいなぁ~」と、5分以上その場で棒立ちのまま野いちごに熱い視線を送っていた私。
我に返り、卑しい自分に嫌気がさしました(笑)

桐父に聞けば、ちょっと前までこの野いちごのすぐ近くで咲いてた白い花は、山芋の花だったようで~・・・。
筍はもちろん、野いちごや山芋まであるなんて驚きです。
手前の方の土地だけキレイに手入れして、来年は色々採ってみようかなぁ~なんて真剣に思いました。
・・・って、自分ちの土地じゃないんだけど(~_~;)


それから、今日は職場の補正さんから『ぐみ』の実をいただきました。
以前、補正さんとうちの母親が同じ九州の鹿児島出身ということで色々とお話させてもらってた時に「ぐみ」の話になり、「子供の頃、よく枝をもらって食べてました。ぐみ、大好き~!また食べてみたい!」と私が言っていたのを覚えていてくれて、九州に住む息子さんに送ってもらってくださったのです。
感激・・・(^o^)
家に帰ってさっそく食べると・・・子供の頃に食べたのと同じ、酸っぱくてちょっぴり苦い味がしました♪

060523_2
ぐみだけ写真に撮ろうと、デジカメのピコピコ~という音をさせたらいつものように「出番や!」と、桐が走ってきました。
そのわりには冴えない顔(笑)

「このぐみの種を裏に撒いてみようかな、ぐみの木出来るかな~」と言う私に、桐父は一言、
「カラスが来るからやめてくれ~」

| | コメント (6)

2006年5月20日 (土)

ディロン・運命の犬

ディロン・運命の犬

ディロン・運命の犬

樋口可南子さん演じる飼い主とゴールデンレトリバーのディロンの物語「ディロン・運命の犬」の第1回を見ました。
最初から見れなかったので、どういういきさつでディロンが主人公の家にやってきたのか…とかはわからないんだけど、ごくごく普通の主婦がディロンと出会い、ディロンとの心の繋がりを深めながら少しずつ強くなっていく~というようなストーリーなのかな?

普段は大人しいディロンが、留守番で飼い主と離れていたのが寂しくて部屋中を散らかしてしまい、叱られるシーンがあったんだけど、全く同じことが桐にもあったことを思い出してちょっとウルウルしてしまいました。

どんな飼い主さんも最初から完璧じゃないしワンコの気持ちがわかるわけでもない。
ワンコにも色んな事を教えてもらって共に成長していくんだって、改めて思いました。

来週もこのドラマが楽しみです(^-^)

写真は、先日の実家での桐とりょう姉さん。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

ストレス?

最近、桐がよく「ここ掘れワンワン」状態でソファをガリガリ爪を立ててかくことが多くなりました。
このところ留守番がちょっと多いのと、私が家に居てもあれこれと用事をしていてあまりかまってあげれてなかったりでストレスが溜まっているのかもしれません~。

「Miruclin」のミル姉さんのように、ひょっとして想像マタニティブルーの一種じゃぁ・・・なんて思ったりもしたけどちょっと違うような・・・。

13日から2日ほど実家に泊まりに行ってたんだけど、実家のソファでも何度もガリガリ。
泊まりに行く前の2日間、雨やらユカリの体調がイマイチで散歩に行っていなかったこともあり、かなりのストレスだったのかも・・・。
桐が「ここ掘れワンワン」をするたび、実家の父に「そんなとこ掘ってらんと、芋掘ってこいや!」「竹の子掘ってこいや~!」と言われていました(笑)

「ここ掘れワンワン」の声無し動画、よろしければお楽しみください・・・なんて言ってる場合でもないような~(~_~;)

「ここ掘れワンワン」その1

「ここ掘れワンワン」その2

そして遂にはこんなことに・・・
「ここ掘れワンワン」その3
これ、決してヤラセではありませんので・・・(笑)

ちなみに飼い主であるユカリもストレスにはとっても弱いです。
ストレスが溜まりにくくなる方法、もしくはストレスとうまくつきあう方法など、あったら教えてください~。(ないかなぁ?)


さてさて、ここからは春の花をバックにしたお2匹さんの写真です。

060517
桐、タンポポをバックに~。
この写真、Kiri きり My Roomのトップに使いたかったんだけど、写真で見るとタンポポが枯れまくり~でみずぼらしいのであきらめました。

0605173
ツツジをバックにりょう姉さん~
家の中では桐にくっつかれるのを嫌うりょう姉さんだけど、一緒に散歩に行くのは本当にうれしいみたい(^o^)

0605172
そしてタンポポをバックにお2匹さん~
この写真、ユカリのお気に入りです(^o^)

そうそう、今回実家で桐は初めておじいちゃん(父)にシャンプーしてもらいました。
キレイになったかな?

| | コメント (10)

2006年5月11日 (木)

子熊と桐

昨日どこかの人里に現れた子熊が、母熊が探しているだろう~会えるようにと猟友会の人達によって山に放されたんだけど、一晩中降り続いた雨と空腹で今朝死んでしまっていたというニュースをテレビで見ました。

母熊に会うことも出来ず、両前足で顔を覆うように死んでいる子熊の映像を見てとても胸が痛くなり…可哀想に…と思いながらソファーに目をやると、ここにも子熊が?とも思えるようなどっしりとした桐の寝姿が…。

さっきの子熊に比べたら幸せかもしれないけど、桐も生まれてたった40日足らずで母犬から離されて我が家に来たんよなあ…と思った私は、ソファーに駆け寄り桐の頭をギューッと抱きしめながら「お母さんはずっと桐ちゃんと一緒にいてるからなあ…」と言いました。

ぐっすり寝てたのを起こされ、私にくっつかれて迷惑な桐の返事は大きなため息1つ…しかもかなりのうんざり顔(^_^;)

子熊と桐
まだまだストーブ桐、いつまでストーブ桐?


・・・子熊ちゃん、安らかに・・・

| | コメント (14)

2006年5月 5日 (金)

神戸へ・・・

G.Wも後半~、皆様いかがお過ごしでしょうか?
わが家は普段と全く変わりない日々を過ごしています。

唯一のお出かけ・・・
昨日、桐父と2人で久々に神戸のお義母さんの家に行ってきました。
(デジカメを持っていくのを忘れたため、写真は全て携帯で撮りました)

060505
晴天~!

お義母さん家がある地区では、たまたまこの日はお祭り・・・。
なんと「だんじり」が・・・!!!
0605052

まさか神戸でだんじりを見るなんて・・・ビックリでした。
あまりじっくり見たわけじゃないのでよくわからないんだけど、形はだんじりそのもの?
でもだんじりのように大人数で曳いて走ることはないようで・・・ゆっくり練り歩く~という感じかな?
これだけ屋根の上に人が乗ってる状態で走ったら、怖いやろうなぁ・・・(笑)

楽しみにしていた、料理上手なお義母さんの手料理、今回は手巻き寿司でした。
アボガド、マグロ、牛肉、焼き卵、その他野菜などなど・・・好きなものを巻いて美味しくいただきました~
(写真はないけど)

ティータイムは「高杉」のケーキで・・・
0605053
コーティング部分のチョコが濃厚~、とっても甘くて美味しかったです♪


お義母さんは、とてもパワフルな人で話も楽しく、あまりに気さくなので、私は遠慮も手伝いもほとんどせず・・・(~_~;)家でいる以上にくつろいでしまいました。

そんな中、お義母さんの家は、以前ケーブルテレビに加入していてBS放送を見ることが出来ていたんだけど、今は契約もやめてしまったので見れない~というような話をしていたんだけど~。
「このテレビやったら、パラボラアンテナ買ってきて繋いだら見れらしや~」と言う桐父。
そこですかさず「中華鍋でも見れますよ~!」と私。
すると、真顔で「あんたとこは、中華鍋なん?」と、お義母さん。
「そうそう♪」と私。

もちろん冗談とわかっていながら、その後は『パラボラアンテナ』を全て『中華鍋』に置き換え、「ほな、コーナンで中華鍋買ってきたらええんやな」「そやそや、これくらいのサイズの中華鍋を・・・」と、BS放送の会話の中「中華鍋、中華鍋~」という言葉が幾度となく飛び交っておりました。

ちなみに、中華鍋でBSが見れるっていう話、本当です~。
昔「探偵ナイトスクープ」で実証されてました。
見れる・・・というか、衛星放送らしきものを受信してる・・・っていうのが本当のところかな・・・(~_~;)

・・・というわけで、久しぶりにお義母さんと楽しいひとときを過ごし、いっぱい元気をもらって帰ってきたユカリです♪

0605054
この日は、実家でお留守番をしていた桐。
疲れたのか、家に帰るとすぐにぐっすり~というかぐったりしていました。
『後ろ足、枕にするにはちと足らず・・・』

最後は日に実家にお泊まりした時の桐とりょう姉さんの動画を・・・
画質悪いですが見てくださいね~(^o^)
りょう姉さんにイカキリ

| | コメント (8)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »