« 2014年5月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月27日 (水)

美卯の動画

本日2度目の投稿です。
美卯の動画。

こちらではアップしてなかったのですが、昨年10月にも湯浅旅行に行った時の動画と写真です。
美卯にとって2回目で最後の旅行になりました。
体調は万全ではなかったと思うのですが、楽しそうにしていました。行って良かったです。
桐、脇役でごめんね(^_^;)

見ていただいてありがとうございます。

|

新しい家族

ここでの紹介が遅れているうちに、もう生後5ヶ月半になりました。
実家の新しい家族です

1409091578933_1.jpg  

1409092106032_1.jpg

1409092116419_1.jpg

泉州二色浜荘というところから来ました。
3月10日生まれ。
名前は、随分悩みましたが、美卯の字をどうしても使いたくて「美音(みお)」に決めました。

父は、半分ぐらいは間違えて「みう~」と呼んでますが(笑)

恐ろしくフレンドリーで、病院に行って診察台の上でも大喜びしてるそうです。

暑い時期に来たので、なかなかゆっくりお出かけも出来てないのですが、涼しくなったら桐と一緒にあちこち連れて行ってあげたいです。
ブリーダーさんちにも、こちらに来てからまだ一度も連れて行ってないので、お母さん犬にも会わせてあげなくちゃと思っています。

今はとにかくやんちゃです。
父は、美音を引き取る時に
「アホでも、やんちゃでもええ。健康やったらそれでええ。」と、何度もブリーダーさんに言っていたことを、「あんなこと言えへんかったらよかった~」と嘆いています(笑)

とにかく、美卯の分までやんちゃで元気で、長く両親と過ごして欲しいです。

美音の子犬の時の写真は、これからアップしますのでまた見てやってください。

1409092088295_1.jpg

もちろん、美卯の思い出話もまた書きます。
そしてもちろん、桐も元気にしています♪

1409092124141_1.jpg

2014-08-27-07-48-40_deco_1.jpg

桐と美音の関係は…。
桐と美卯の時とほぼ同じでしょうか。

最初はイカキリが怖くて、遊んで欲しいと思いながらもあまり近くには寄れなかった美音が、3回目には「イカキリは見せかけだけ」と気付いてしまいました(笑)
それからは、イカキリを楽しむようになってしまい、桐を怒らせてばかりいます。
桐も大変です(笑)

また沢山思い出を作りましょう。
そこにはいつも、美卯とりょう姉さんも一緒にいると思います(^^)



|

2014年8月25日 (月)

初盆

昨日は美卯の、初盆の合同供養に行ってきました。
午前中からたくさんの飼い主さんがいらしてました。

人間の供養の時と同じように、住職さんがペットの名前と没年を全て読み上げるのですが、四十九日の時もそうだったんですが、美卯の「三歳」というのを聞くと、やはり悲しくなりました。

住職さんが
「お経を読んでもらえるペットの数なんて、一握りもなく、奇跡に近いほどの数しかいない。ペットを通じてお経を聞く機会を持ち、ペットの成仏を願うなら、常に感謝の気持ちを持って、他人に優しく、正しい行いをしてください。」とおっしゃっていました。
また、「ペットが病気で死ぬのも寿命であり、それを何かのせいにするのではなく、きちんと受け止めることが大事」とも…。

住職さんの話を聞くと、言われてることは当たり前のことばかりなんですが、今の自分を振り返って反省させられます。
美卯がまた、そんな機会を持たせてくれてるのかもしれません。

昨日美卯には
「美卯と出会えてよかったです。また会おうね」とメッセージを書きました。
ちゃんと届くといいな♪

1408921372939.jpg



|

2014年8月 3日 (日)

もうすぐ3ヶ月

4年前に、実家の「りょう」が亡くなって1ヶ月くらい経った頃でしょうか、夢を見ました。
私は、同級生のお友達と3人で山の上の花が沢山咲いた芝生の上で、シートを敷いてお弁当食べていました。
するとそこに、色とりどりのお花を沢山つけた麦藁のカンカン帽を被ったりょう姉さんが現れて。
私は「りょうちゃん、可愛い~!」と言いながら、当時持ってたガラケーで必死に写メを撮ってたんですが、しばらくするとりょうは私に背を向け、山の向こうに走って行ったんです。
その山の向こうは、お花も何もない、茶色い崖しかなくて、りょうはそこに向かって走っていきました。
私は何度も「りょう!そっち行ったらあかんよ~。こっちおいで~!」と叫びましたが、りょうは崖の向こうへ飛んでいってしまって姿は見えなくなりました。

お花のついた帽子がほんとによく似合っていたりょう姉さん。
私にお別れを言いにきたんだなあと思いました。

美卯が旅立って、四十九日法要までに日がありすぎるからと、両親がお経をあげてもらってすぐぐらいに、美卯も夢に出てきました。
ベッドで寝ている私の横に、1階で寝てるはずの桐が何故か寝ていて、その桐と私の間に美卯が丸くなって寝ていました。
私は嬉しくて嬉しくて、「美卯、美卯」と名前を呼びながら一生懸命撫でました。
その感触もハッキリと覚えています。
美卯は目だけはパッチリ開いていましたが、全く動かずに丸くなったままでした。
目が覚めてから、美卯に会えて嬉しかったけど、今でもまだ元気にはなれてないのかなあと、少し心配になりました。

先日、美卯の四十九日の法要も終わり、両親も少しホッとしたと言っています。

私は、美卯は今頃どこでどうしているのかなと毎日思います。
出来れば、夢で元気な美卯に会って、
「ほんとによく頑張ってくれたね。ありがとう」と言いたいです。
両親も、
「病院に通っていた1年3ヶ月は美卯と一心同体だったから、ずっと忘れることは出来ない」と。


写真は、旅立つ前日の美卯です。

1407021775021_1.jpg

1407021823086_1.jpg

1407021862667_1.jpg

しっかりとした目で、私を見ていました。

美卯が亡くなってから、美卯を担当してくださった先生から両親に温かい手紙をいただきました。
私は有り難くてお返事を書きました。
力を尽くして下さったお礼と、そして、
「今でも病院に行きたいと思う時があります。
待合室で待っていると、いつものように先生が、『お待たせしました~。』と、笑顔で美卯の乗ったカートを引いてきてくれ、治療を終えて少しスッキリとした顔をした美卯に会えそうな気がするのです」と。

美卯がいなくなって、もうすぐ3ヶ月になります。
実は、実家では6月に新しい家族も既に迎えています。
それまで毎日のように泣いてばかりでしたが、両親も私も、少し前向きな気持ちになって美卯の供養をしていこうという思いを持てるようになりました。
またこちらでも紹介させていただきます。

ブログを見て、美卯にメールをいただいたこともほんとに嬉しかったです。
ありがとうございました。

今年もほんとに暑い夏になりましたが、みなさんと、みなさんのワンコも元気で過ごせますように♪



|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年9月 »